公益財団法人 奈良屋記念杉本家保存会

重要文化財 杉本家住宅について

杉本家住宅は、町家としては市内最大規模に属し、各1間半の床と棚を装置した座敷、独立棟として西に張り出した仏間、大きな台所などに特色著しいものがある。保存状況は良好で、下京における大店の建築遺構として、きわめて高い価値を有します。2010年6月29日、重要文化財として指定されました。

杉本家の歴史 部屋のご紹介
杉本氏庭園 年中行事

「奈良屋記念杉本家保存会」会員募集!

後世に残したい文化遺産、杉本家保存会をぜひご支援ください!

当財団は、文化財保存を目的として、広く一般の皆様から「奈良屋記念杉本家保存会」会員を募っております。ご協力を仰ぎました資金は、建造物の修理、什器、祭具などの修理、古文書の調査・研究などの費用の一部に充当致します。
また、会員の方には、当財団が主催する行事等へご招待させて頂きます。

詳しくはこちら

公益財団法人 奈良屋記念杉本家保存会 > 重要文化財 杉本家住宅について